FC2ブログ

高知市「松ちゃん」ギョウザ

高知が誇る屋台料理の中でも特に人気があるのがギョウザ。
数ある中で有名なのが「安兵衛」と「松ちゃん」なのだそうです。

最初に「安兵衛」へ行ったので、
〆には「松ちゃん」に行ってみることにしました。
DSC07382.jpg
お昼は遊歩道になっているのでしょうか?
追手筋という広い道路(通称:グリーンロード)の真ん中にたくさん屋台ができています。
道の端っこではないので解放感抜群。
その中の1店が「松ちゃん」です。

非常にオープンな雰囲気のお店ですが、
何気に皇族から政治家、野球選手、誰もが知っている大企業の社長さんなど
大物の方達も来店されている模様。

こちらが「松ちゃん」のギョウザ、8個で600円。
DSC07379.jpg
こちらも「安兵衛」同様、パリパリの揚焼きのようなギョウザです。
しかしこちらの方がキャベツたっぷりでキャベツの味も食感も上です。
ニンニクもしっかり利いています。
こちらも美味しい!また来たいくらい美味しいですが、
強いてどちらかというと
スパイシーなのが好きな私は「安兵衛」の方が好み、
相棒は「松ちゃん」の方が好みでした。
屋台なので1人前だけでも気軽に注文できますし、
お互い歩いて行ける範囲にあるので。
ハシゴして食べ比べてみるのをオススメします。

Continue Reading

高知市「おらんく家」魚料理

高知の夜はまだまだ終わりません。

高知のグルメ通に教えてもらった次のお店は
「おらんく家」というお寿司屋さん。
ですが、ここの目的はお寿司ではなく
あえてカツオのたたきです。

↓お店の外観。お寿司屋さんも深夜2時まで営業とはw(*゚o゚*)w
DSC07370.jpg
内装は高級感がありますが、リーズナブルなお店です。
1階はカウンター席ですが上階の個室も空いているとのことで
そちらに通していただきました。
掘りごたつでとても落ち着く空間です。

お通しは枝豆入り冷奴。
DSC07373.jpg
ん~美味しい!夏にぴったりです。

旅先のお酒はやはり地酒がいいですね♪
DSC07372.jpg
土佐鶴(左)と鯨酔(右)を頼みました。
鯨酔はちょっと個性的。
土佐鶴の方が飲みやすいです。
水のようにスウッと…なので逆に飲み過ぎないようにしなければ。

夕方に道の駅「なぶら土佐佐賀」で塩のカツオのたたきを食べ感激したので、
こちらでもまた頼んでしまいました。
それに、お店の看板商品なのでこれは外せません。
DSC07374.jpg
やっぱり、新鮮なカツオはぽん酢で食べている場合じゃない!!
というくらいはまりました。
注文を受けてから焼くと店先に書いてありました。
「なぶら土佐佐賀」の「明神丸」と比較して、
魚そのものはこの「おらんく家」の方が美味しいように思いましたが
焼いた香ばしさは「明神丸」の方が上のような気がしました。

もう1品注文したのが、カツオの酒盗。
これも新鮮ならではですね~
どこにでもあるものではないので食べてみました。
DSC07375.jpg
食感はコリコリしています。
酒を盗む食べ物、つまりそれくらいお酒がぐいぐいすすむという名の通り
日本酒によく合います。
私は好きですが、磯の香りがするので
好みが分かれるかもしれません。

さすがに品数と量は少なめですが、
高知の味をたっぷり楽しみました。

えっ…〆にもう1軒行くですと!?

Continue Reading

高知市「安兵衛」ギョウザ(2)

こちらが屋台の「安兵衛」です。
昭和45年に屋台で創業したのがはじまりだとか。
DSC07369-2.jpg
それにしても、高知にこんなに屋台文化が根付いているとは知りませんでした。
街を歩いていると屋台たくさんありますね~
高知は何度も来たことがありますが、
夜に出歩くのは初めてだから
今まで気付かなかったのかもしれません。

こちらが「安兵衛」の餃子1人前、500円。
-2.jpg
揚げ餃子のように見えますが、焼き餃子…というか揚げ焼きです。
この皮がパリパリッとして癖になります。
具材はキャベツ、ニラがたっぷり入っていて、
お肉がジューシー!!
コショウがピリッと利いているのが私の好みにぴったりでした。
あまりの美味しさに、お腹が一杯にも関わらずぺろっと食べてしまいました(^_^;)
あんの材料は国産でこだわっているとのことです。

この時は夏でしたので、
屋台で食事をしていると夜風が心地よかったです・:*:・(*´∀`*)・:*:・
他店舗は室内ですが、この季節は屋台がいいかもしれませんね。
色んなお店の色んな料理を少しずつ食べたければ、ひろめ市場がいいですし。

平日は夜中の3時、土曜は4時まで開いているそうです。
高知の屋台文化恐るべし。
高知の人は酒豪だという話をよく聞きますが、
そうやってお酒を酌み交わしながら明け方まで語り明かすのでしょうか。

Continue Reading

高知市「安兵衛」ギョウザ(1)

よさこい祭りで熱気に溢れる高知市。
この日は食べたい物がたくさんあって、
既にお腹一杯でしたが
せっかく来たのだからと高知グルメに詳しい方に美味しい物を教えてもらいました。

1軒目は「安兵衛」。
高知の食が集う有名な「ひろめ市場」内にあるということなので行ってみました。
DSC07367-2.jpg
ここは市場なのですが、買ったものを飲食することもできます。
活気があって好きです。
何だかスペインの市場を思い出しました。
様々な食が集中する市場で、
地元の人も観光客も場内で買ったものをすぐ
飲食スペースで食べている
活気にあふれた場所。

情熱的なよさこいといい、
活気あふれる市場といい、
高知の人はラテン気質に近いものを持っているのかもしれません。

昔、高知に初めて来た時ここでカツオのたたきをいただきました。
そう言えばこの日の夕方にカツオのたたきを食べた「なぶら土佐佐賀」のレストラン
この市場内にありました。

で、今回お目当ての「安兵衛」もすぐ発見!
したのですが残念ながら餃子は完売してしまったとのこと…(><)
しかし歩いて行ける距離に他の店舗もあるということなのでそちらに向かいました。

徳島市「焼とり屋 風見鶏」阿波尾鶏料理

徳島県には、「阿波尾鶏」という何ともユニークなネーミングのブランド地鶏がいます。
品種改良でより美味しい鶏を作っただけではなく
のびのびとした場所で、80日間以上(通常のブロイラーは55日前後)かけてゆっくりと育てられるという飼育方法も定められています。
その為か普通の鶏肉より身がしまっているのが特徴。

徳島市内にある「風見鶏」は、この阿波尾鶏指定店。
焼きとりをはじめ、様々な阿波尾鶏料理が食べられます。
ラーメンは勘で決めましたが、こちらは口コミで情報をいただき行ってみました。
DSC05660.jpg
オススメなものを店員さんに聞いて、適当にオーダー。

↓何はともあれ、焼きとり屋さんなのでこれを頼まねば。
阿波尾鶏串 5本(塩麹、タレ、手羽、つくね、砂ずり)セット 780円。
焼き鳥は味付けがシンプルなだけに、鶏の美味しさが一番わかります。
DSC05657.jpg

お店の自慢の一品、阿波尾鶏骨付きモモ 1200円。
モモ肉まるごとで、かなり大きく豪快な料理です。これだけで結構お腹ふくれるかも…
でも、にんにくの利いた甘辛しょうゆのタレで食が進みます。
DSC05659.jpg

一番感激したのが、せせりポン酢480円。
DSC05656.jpg
何故感激したかというと…

Continue Reading

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
本家サイト「道の駅制覇軍」では書き切れない、美味しい物と温泉を綴っていきます。
こちらはサブページで不定期更新ですが、長い目で見てやってくださいm(__)m

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク