FC2ブログ

オーストリア世界遺産の旅(13)

ホーエンザルツブルク城を降りた後は、街をぶらぶらしました。
小さい街なので簡単に回れます。
歩いているうちにガイドブックで見て行ってみたかったお店を見つけたので入りました。
「クリスマス・イン・ザルツブルク」という、クリスマスの飾りを売っているお店です。
これが行ってみて思いのほか楽しい!
メインに扱っているのはイースターエッグのように、卵にクリスマスの飾りが描かれたオーナメントですが…
手描きなので、1つ1つ全く雰囲気が違います。微妙にデザインや描いているものが変わっていて、選ぶのに相当時間がかかってしまいました。でもすっごく楽しかったです^^
勿論この前のクリスマスにツリーに飾ってみたし、毎年そうするつもりです。

その後朝渡った橋を戻って再び新市街へ。
モーツァルトが2番目に住んだ家、現在は博物館になっている施設を訪れました。
MOZART HOUSE

生家が奇をてらった前衛的な展示方法だったのに対して、ここはごくごくノーマルに展示され、ガイドホンで説明を聞きながら(日本語有)見学します。こっちの方が面白かった…!
直筆の有名な手紙や実際弾いた楽器などを直に見ることができて感動的でした。

さて、もう夕方…6時前です。
この日はご飯も自分で調達しなければいけません。
サンドイッチと果物でも買ってホテルで食べるかーということになって、市場へ行きました。
IMG_1746.jpg

とっても美味しそうなサクランボを買ったものの…メインとなる食事が決まらない。
結局、旅行前にちょっと行ってみたいな~とチェックしていたレストランに行ってみることにしました。
しかし…
地図で探して着いたはいいが、外に出ているメニューがドイツ語でさっぱりわかりません。
何を注文したら良いのやら。
ちょっと戦意喪失(><)
入ってみるか、やっぱり止めるべきか。
あやしい人みたいに10分くらいお店の前でうろうろしてしまいました(^^;)

オーストリア世界遺産の旅(12)

昼食を食べてお腹がふくれたところで、観光へ。
ザルツブルクのどこからでも見えるんじゃないかと思うような高台に立つ、ホーエンザルツブルク城へ。
歩いても行けるけど、大体はケーブルカーで登ります。入場料金とケーブルとオーディオガイド(日本語有)がセットになったものがオススメ。

場内でお城の歴史や資料などの見学ができるのですが…お客さんが次々と来るせいか、係員の人がさっさか追い立てて自分のペースでゆっくり見ることができません
(><)
面白いのでゆっくり見たかったんだけど残念。
展示品以外の城塞はのんびり散歩できます。
IMG_1740.jpg

お城の中ですが、街を歩いているような感覚になりました。それくらい広いです。
白い壁と真っ青な空。南欧にいるみたい…。

このお城、高いところにあるから眺めは抜群です。
ザルツブルクの街のすべてがここから見下ろせます。
IMG_1741.jpg

これが街とは反対側の眺め。一転して牧歌的。ドイツはここから目と鼻の先です。
IMG_1739.jpg

よくこんな場所にお城を建てたと感心します。
現在の形になるまでは500年くらいかかっていますが(^^;)
塩で栄えた地だからこそ、ですね。
大司教の権威を見せ付けるには十分な建造物です。

オーストリア世界遺産の旅(11)

さてザルツブルク観光、お昼からは自由行動開始です。
まずはモーツァルト広場を抜けて街の端にある郵便局へハガキを出しに行きました。
このモーツァルト像は有名ですね。
IMG_1737.jpg

こっちの郵便局は映画のDVDなんかも売っていました。イメージカラーは赤ではなく黄色。
ここは行列ができる程お客さんが多くて大丈夫でしたが、田舎に行くと2時間くらいお昼休みをとる所もあるらしいので注意です。

お昼ごはんは、ガイドブックで気になっていたカフェに入りました。
IMG_1738.jpg

「トマセッリ」というお店です。鮮やかな緑の縞々の日除けと、ベランダの花々が目印です。
創業は何と1705年、モーツァルトやカラヤンも来たことがあるとか。
モーツァルトは怪しいですがカラヤンほど近年になると、確かなのでしょう。
名物のオムレツとリンゴジュースを注文しました。普段はリンゴジュースはあまり飲まないのですが、ガイドさんが疲れた時にいいというので試しに飲んでみることに。
すると、びっくり!予想以上にあっという間に疲れが吹き飛びました。暑い中、午前中いっぱい観光していてくたくただったのに…。
しかもこっちのリンゴジュースって甘さが残らないというか、口あたりがすっきりしているのです。これ以来、旅行中リンゴジュースばっかり頼みました。数少ない、覚えたドイツ語だし…(ちなみに「apfelsaft」といいます)(^^;)
さて、本題のお昼ご飯ですが…頼んでないのにパンが出てきました!この国では常識?
DSC03851.jpg

そして本命のオムレツです。
何でも量が多い(外国は大体そうですが…)国なので、警戒して1皿にしておいて正解でした。とっても大きいです。2人で丁度いい量でした。
DSC03852.jpg

でも、味はふんわりして卵そのものの味も濃く、チーズもとろーり濃厚で、最高に美味しかったです!
更に、ウェイトレスさんは2人分の取り皿を何も言わずに持ってきてくれサービスも満点。
実は、この旅で初めて自分達で入ったお店(今までは団体で入っていました)なのでかなりドキドキしていたのですが、何とか思うものを注文できてチップも払えたのでちょっぴり自信が付きました。

オーストリア世界遺産の旅(10)

前回のスゴい人達の住宅街を南下していくと、すぐ大きな川に突き当たります。
それこそは、このザルツブルクの街を旧市街と新市街に二分しているザルツァッハ川。
写真は新市街側から見た眺めです。
IMG_1719.jpg

観光の中心は旧市街に集中しています。
これから、橋を渡って旧市街へ向います。

ザルツブルクのメインストリート、ゲトライデガッセに出ました。
まだ朝早いですが観光客でいっぱい。
何故なら、ここにはモーツァルトの生家があるのです。
IMG_1720.jpg

見学しましたが中で写真は撮れないので以上。
何というか、展示方法が前衛的で個人的にはいまひとつでした。
もっと当時の雰囲気や暮らしをそのまま再現しておいて欲しい。
後で行くモーツァルトが2番目に住んだ家の方が面白かったです。

Continue Reading

オーストリア世界遺産の旅(9)

旅行5日目。
この日は終日ザルツブルク観光です。
午前中がツアー、午後からはフリータイムというスケジュール。
世界的に有名な街ですし、モーツァルトを好んで聞く私にとっては憧れの街ですからとっても楽しみにしていました。

朝食のバイキングを堪能した後、出発。
どうして旅先だとこんなに朝から食べられるんだろう…
それにしても、この国のチーズとウインナーは美味しい。
私達が泊まったような近代的なホテルがある新市街と、観光のメインである旧市街は歩いて行けなくもないけれど少し距離があるのでバスで移動。
まずはミラベル宮殿を散策しました。
今日も気持ちいいくらいの快晴です!
IMG_1710.jpg

ミラベルとは「美しい眺め」という意味だとか。その名の通り、とっても綺麗なところです。
でも、前にも書きましたが日本人のイメージする「城」「宮殿」とあちらの「城」「宮殿」とはだいぶ違いますね。
宮殿というと、ベルサイユ宮殿のような広大なものをついつい連想してしまいます。
IMG_1703.jpg

何かこれだけ見ると普通のマンションにも見えなくはない。内装と庭はとてもきらびやかですけどね。
現在は市長公邸になっていて、一般の人は中へ入ることができません。
IMG_1705.jpg

Continue Reading

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
12 02
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
本家サイト「道の駅制覇軍」では書き切れない、美味しい物と温泉を綴っていきます。
こちらはサブページで不定期更新ですが、長い目で見てやってくださいm(__)m

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク