FC2ブログ

温泉レポート:山梨県山梨市「ほったらかし温泉」

山梨市郊外の山をどんどん登っていったところに、
突然開ける砂利道の駐車場。
周辺は真っ暗で、
でも人の往来は多くて
ここは一体何なのかと思ったら、
年間45万人もの人が訪れる大人気温泉施設でした。

Wikiによると
宣伝もサービスもなしで勝手に楽しんでくれという意味でほったらかしだとか
地主が地面を掘ったら温泉が湧き出たけどほったらかしていたとか
江戸時代くらい古い話ならともかく
1999年オープンと割と新しめなのに説がはっきりしないとは
名前の由来ですらほったらかしですか~さすがΣd(≧ω≦*)

温泉施設は現在2棟あります。
あっちの湯とこっちの湯。
あっちってどっち?という声が飛んできそうですが
それが名前なのです(*´艸`*)どこまでもユニークな温泉ですね。
もう1つ、犬用の温泉+預かり所のわんこの湯もあるそうで
旅行好きの犬好きさんにも嬉しいですね
DSC07995.jpg
写真が暗く見えづらくてごめんなさい。
本当に…必要最低限以外は照明が殆どないのです。
でもそんな暗い中を歩いていると、
急に明るい屋台が出てきてお祭り気分♪
DSC07992.jpg

皆さん温泉の後渇いた喉を潤したり
小腹を満たしたりしています。
今回はあっちの湯に入ってみました。
深い理由はなく何とな~くです。
景色は勿論のこと、源泉も違うそうなので次はもう一方に行ってみたいです。

あっちの湯の方に行くと、プレハブの掘っ立て小屋のような建物が…
荒削りな雰囲気の外観に若干不安になりつつも入場。
しかし内部は意外と(失礼ですが)清潔感がありました。
浴室も同様、きれいです。
ちゃんとシャンプーリンスやボディシャンプーも備えつけてあります。
そして…ここの一番のハイライトは
露天風呂!!

入浴施設という性質上、写真を撮ることができないのが残念ですが
公式サイトに良い写真がたくさんありますので
風景はそちらをご覧ください。

もう、私、露天風呂の眺めでこんなに感激したことはありません!!。・゚・(ノ∀`)・ ゚・。
見下ろせば眼下に広がる宝石のような甲府盆地の夜景。
見上げれば満天の星空。
周囲を見渡せば芒や野草、ごつごつした岩が自然のままそこにあります。

美しい夜景やきれいな星、自然の景色を眺めながら入れる温泉はたくさんあると思います。
でも露天風呂の周囲は人工的にきれいに整備されている所が多いのではないでしょうか。
ここは手に届きそうなくらいの距離に自然の草や岩があって
まさに「ほったらかし」の精神。
露天風呂に浸かっていると、
「山を歩いていると自然の温泉が湧いていたからそのまま入ってみた」
ような気分になれるのです。
温泉施設から大自然を見るのではなく、
大自然の中の温泉に入っている…というような。

うまく書けないので伝わらないかもしれませんが(´ー`A;)
一度入ってみてください!

天気の良い日中は富士山も見られるのだとか!
次は是非ともお昼に行ってみたいですね~
あと、営業時間が日の出1時間前からなので
その時間帯を狙って来る人も多いそうです。
そりゃあ、この温泉で日の出を見られたら(しかも富士山付き)
言葉で現せない程感動するでしょうね(*´ω`*)

注意点として、カーナビで行くと違う所へ誘導された話が多数ネットにありました。
私達はレンタカーのナビで問題なく着きましたが、
もしかしたら古いものだとそういう事もあるのかもしれません。

料金:大人…800円 小人…400円 
シャンプー類:有
施設:内風呂、露天風呂
営業時間:日の出1時間前~22時(最終受付21時半)(詳しくは公式サイトへ)
休館日:無休
住所:山梨市矢坪1669-18
電話:0553-23-1526
泉質:アルカリ性単純温泉
HP:http://www.hottarakashi-onsen.com/

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10 12
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
本家サイト「道の駅制覇軍」では書き切れない、美味しい物と温泉を綴っていきます。
こちらはサブページで不定期更新ですが、長い目で見てやってくださいm(__)m

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク