FC2ブログ

ベストスペインの旅(4)

3日目。
この日の予定はマドリッド近郊の町アビラとセゴビアを観光し、夜は闘牛観戦。

アビラは12世紀の城壁がよく保存されていることが評価され世界遺産になっている街です。
また、「裸足のカルメル会」と呼ばれるキリスト教の修道会を設立した聖女サンタ・テレサが生まれた地として知られているそうです。

↓荒野の中に建つ城塞都市。日本では見られない光景です。
ぐるりと囲んだ城壁が、イスラムとの激しい戦いの名残を今もなおとどめています。
DSC03457.jpg

続いてセゴビアです。
標高約1000mの高地に建つ街ですが、道中はずっと地平線が見えるような広大な大地の中
緩やかな傾斜をずっとずっと進んで行きます。
なのであまり高い所に来たという感覚がありません。
でも日陰に入るとすごく涼しい(むしろ寒い?)し、雨が降っていると思ったら次の瞬間晴れたりして
やはりここは高地なのだと実感します。

ここの名所その1、ローマ時代の水道橋。
こういったものが未だに残されているのが驚きです。
つい最近まで本当に使われていたそうです。
DSC03473.jpg

昼食はセゴビア名物仔豚の丸焼き。
お客さんにはさすがに切って持ってきてくれるのかなぁ…と思っていたら、本当に仔豚ちゃんそのものの丸焼きが出てきます。
日本人はこういうのは慣れていないので、写真掲載は自粛(;・∀・)
目の前でまるごとのを切り分けて出してくれます。
それもお皿で切り分けて(それくらい柔らかいということ)、何故か最後に床にお皿を叩きつけて割るパフォーマンス付き。


お腹がいっぱいになったところで、もう1つの名所・セゴビアのアルカサル(城の意味)を見学しました。
ディズニーの白雪姫のお城のモデルになったことで有名。
断崖絶壁に立つ優美なお城です。
後にレコンキスタ(イスラムからスペイン国土を取り戻す運動)を完成させたイザベル女王が即位したのもこのセゴビア城ということで、歴史的にも重要な場所です。
DSC03524.jpg

夜は闘牛観戦。
見たくないけど…ツアーに入っているので…
食べる為ならともかく、楽しむ為に殺すのを見るのはどうも。
これはこれとして伝統的なものなのでやめろとは言いませんが、私は苦手です。

↓マドリッドの立派な闘牛場。ムデハル(イスラム風)様式です。
DSC03549.jpg
競技は丁度闘牛場の陽と影が半分になった時に始まります。
スペインにとって太陽というのは大きな意味を持つのですね。
ちなみにこの時は午後7時、まだまだ明るいです
DSC03529.jpg
パフォーマンスじゃなくて、本当に殺すのですね…
ツアーの中には気分が悪くなってバスに戻った人もいます。
この後夕食でしたが、皆さんずっと気分が落ち込み気味
数日間は皆さん、お土産物屋さんで闘牛グッズを見てもまた思い出してしまっていました。
これこそツアーの中に入れるのではなく、オプションにした方がいいかもしれません。

ヨーロッパの人々はローマ時代からこういった娯楽がありましたから、血が騒ぐのかもしれません。
日本人は慣れていないので刺激が強過ぎる…
仔豚ちゃんもそうでしたが、色々とカルチャーショックを受けた3日目が終わりました。

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10 12
プロフィール

もるもる

Author:もるもる
本家サイト「道の駅制覇軍」では書き切れない、美味しい物と温泉を綴っていきます。
こちらはサブページで不定期更新ですが、長い目で見てやってくださいm(__)m

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク